無料ブログはココログ

« No.486 幻のストレート3-2 バイ菌は除菌でばらまき2 | トップページ | No.a1-2「くせ毛のツボ」を活発にしてあげて »

2016年12月13日 (火)

No.487 幻のストレート3-23バイ菌は除菌でばらまき3

No.487 幻のストレート3-23バイ菌は除菌でばらまき3

 

こんにちは バレンタイン美容室の 影山です。

奇麗な直毛が 生えて来る技術革新 をしました。

 

 癖毛は科学です。 癖毛は化学です。

完全直毛に 成功しています。

むかし通産省工業院5部1課で 宮崎技官に支持して

 

 癖毛は 陰電子が原因だから 化学で移動させて

外に出してやれば! 医学ではありません。

 

毛根矯正、縮毛矯正、毛先矯正、「癖毛」専門の美容室です。

毛根矯正の基本に戻って はじめから、

 

(1)「保護膜」、「殺菌膜」、「収斂膜」、がありますか?

(2)「栄養素」、「サプリメント」、栄養が ありますか?

(3)「新陳代謝」、栄養を運び老廃物を捨てる、流れる道がありますか?

 

 石ケンは もういらない。

除菌をして バイ菌や悪玉菌を 殺さないで

 

 バイ菌や悪玉菌が 生きたまま

飛び散らかして 振りまいて しまって

 

自分のカラダから 流し落とした

バイ菌や悪玉菌たちは

 

 周りの人や 壁にくっ付いて

生きたまま 次に移る先を 探している。

 

 石鹸やシャンプーを 使っているあなた

もう、あなたのまわりは バイ菌だらけ

 

 国の言うことを 聞かないから、

もう、20年も前から 殺菌に変えてください

って言っているのに、

 

 美容室で 石ケンなんて 使っていたら

スグに 営業停止に させられてしまいます。

 

 除菌をして バイ菌を まき散らすって

禁止されているから、

 

 だから国では

「アルコールか逆性石鹸」にしなさい。

って言っているのに。

 

 でなければ 皮膚の殺菌能力と同じ

「酸性殺菌」にしなさい。

 

 酸性殺菌って 逆性トリートメントぐらいしか

手に入りませんね。

 

 自分だけは 守りたい

他人はどうなってもいい、そんな気持ちなら

 

石ケンで洗って バイ菌を落としたら

残留シャンプーや 残留石ケンを落とすため

 

逆性トリートメントが 湯布院の湯で

もう一度 すすいでください。

 

 これで 自分の素肌は 殺菌されて

残留石ケンも 残留バイ菌も 残りませんよ。

 

 

栄養を吸収して 栄養を使って 生きている髪細胞だから。

 

 髪の毛の細胞だって 老廃物を排泄して 汚れていくから

洗いたくなるんです。

 

パラパラ動画も作ってみました。

 http://vallentain.net/vallentain/index (新パラパラ動画)

 

こんどは「治し方の基本」からです。

「毛根直毛化レシピ集」、「癖毛のツボ」、「毛根直毛化筒」、

「癖毛」の治し方なんて たくさんありますね。

 

 癖毛になる原因、白髪になってしまう原因、ハゲてしまう原因、

すべての悩みが 髪の毛だけでは無くて 皮膚病の悩みだって、

 

 アルカリ性の石鹸やソープやシャンプーは

多くの弊害があり 環衛法では使用禁止品目です。

 

 でも「草津温泉の湯」は「酸性」だから「万病に効く」

地球や水道水よりも 10000倍も「酸性が強い」から

 

 10000倍も「強い酸性」が

バイ菌や悪玉菌を みんな殺して 洗ってくれるから。

 

 体験して 感じ取れると「これなのか!」ツルツルしてくる!

お肌の「保護膜」って サラッと、ツルツルして

 

 「草津温泉の湯」と同じ「強い酸性」の「逆性トリートメント」で

髪も頭皮もお肌だって 保護膜も殺菌膜も収斂膜も

 

奇麗に洗って 再生できます。

 

 ご精読ありがとうございました。

 

 静岡県沼津市 バレンタイン美容室の ホームページです。

http://vallentain.net/vallentain/index(パラパラ動画)

 

ご質問等

question@vallentain.net

« No.486 幻のストレート3-2 バイ菌は除菌でばらまき2 | トップページ | No.a1-2「くせ毛のツボ」を活発にしてあげて »

癖毛の基本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.487 幻のストレート3-23バイ菌は除菌でばらまき3:

« No.486 幻のストレート3-2 バイ菌は除菌でばらまき2 | トップページ | No.a1-2「くせ毛のツボ」を活発にしてあげて »