無料ブログはココログ

« No.324 幻のストレート毛根矯正24 輝き透き通る髪6 | トップページ | No.326 幻のストレート毛根矯正26 輝き透き通る髪8 »

2016年2月29日 (月)

No.325 幻のストレート毛根矯正25 輝き透き通る髪7

No.325 幻のストレート毛根矯正25 輝き透き通る髪7

 

こんにちは バレンタイン美容室の 影山です。

直感、霊感、山勘、第六感で、感覚を研ぎ澄まし感じ取ってください。

 

 自分の直感は、自分に嘘はつきません。

石鹸やシャンプーは 悪魔のささやきに 聞こえてきませんか?

 

くせ毛は「生命化学」、「生理化学」、「皮膚化学」、

そしてもうひとつ、 ホルモンバランスを 整えてやれば。

ホルモンバランスが 悪いのだから 良くしてやれば良いことです。

 

パラパラ動画も作ってみました。

 http://vallentain.net/vallentain/index (新パラパラ動画)

 http://www2.ttcn.ne.jp/straight/index.html (パラパラ動画)

 

 「毛根直毛化レシピ集」、「癖毛のツボ」、「毛根直毛化筒」、

「癖毛」の治し方なんて たくさんありますね。

 

 「パワートリートメント」のアルコール洗浄で

髪の毛は 透き通って輝いて きましたか?

 

 髪の毛の中の 不純物も老廃物も ヨゴレのすべてが

落ちてくれましたか?

 

 アルコールはとても強烈だから、洗浄力も石鹸やシャンプーとは

比べものにならないほど 強いんだけれど、

 

 髪の毛の中に 入って行って 石鹸やシャンプーでは

届かない奥の奥まで 入って行けるんだけれど、

 

 浸透して入って行く チカラも強いから、

出てくることが 出来ないんです。

 

 だから、吐き出してやらなければ 出てこれません。

絞り出してやらなければ 出て来てくれません。

 

 アルコール洗浄では 髪の毛の芯まで 入って行けるのだ

けれども そのとき 汚れをみんな

アルコールの中に 溶かし込んで くれますが、

 

 汚れを溶かし込んだ 汚れたアルコールは

髪の毛の中から 出てこれません。

 

 だから「逆性トリートメント」の 収斂効果で

絞り出してやるんです。

 

 絞り出すんだから ゆっくりユックリと 時間をかけて

のんびりと 付けたままで 置いておいてやれば、

 

 じわじわと髪の毛は 細く絞られて行って

汚れの溶けたアルコールは 髪の毛の外へと 絞り出されて

出て来てくれます。

 

 逆性トリートメントを ゆっくりユックリと 使っていると

ネバネバして来て アルコールが逆性トリートメントに

吐き出されて 溶け込んでいっているのが 感じ取れます。

 

 逆性トリートメントが 髪の毛を絞りはじめている、

だからこのときに なん度もなん回も 逆性トリートメントを

繰り返し使って、

 

 髪の毛の中の汚れを 一気に加速して 絞り出してやると

みるみる汚れが 落ちていくのが わかります。

 

 乾かしても まだ カサカサしているのなら、

まだ パワートリートメントのアルコールが 落ちていない

からです。

 

 次の日は パワートリートメントは使わないで

逆性トリートメントだけで ごしごしと洗って

 

 収斂洗浄をしてください。 汚れもアルコールも

絞って洗い落とす方法です。

 

  「輝き、透き通る髪!」

ダイヤモンドのように 透明で透き通っているのに 輝いている。

 

  毛根直毛化の努力を 100倍効果のある方法で、100倍簡単に、

100分の1の短時間で、楽々できれば

 

 動画も始めました。 見てるだけでも 理解ができると

いいですね。

 

 ご精読ありがとうございました。

 

 静岡県沼津市 バレンタイン美容室の ホームページです。

http://vallentain.net/vallentain/index(パラパラ動画)

 

ご質問等

question@vallentain.net

« No.324 幻のストレート毛根矯正24 輝き透き通る髪6 | トップページ | No.326 幻のストレート毛根矯正26 輝き透き通る髪8 »

毛根直毛化レシピ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.325 幻のストレート毛根矯正25 輝き透き通る髪7:

« No.324 幻のストレート毛根矯正24 輝き透き通る髪6 | トップページ | No.326 幻のストレート毛根矯正26 輝き透き通る髪8 »