無料ブログはココログ

« 「毛根直毛化レシピ集」原稿 6. | トップページ | 「毛根直毛化レシピ集」原稿 4. »

2015年3月14日 (土)

「毛根直毛化レシピ集」原稿 5.

「毛根直毛化レシピ集」原稿 5. バレンタイン美容室

http://www2.ttcn.ne.jp/straight/index.html

   「季節の変わり目」人間は ?

  人間は、「お茶」を飲んで「ビタミン」を取っています。

が、この頃の 若い人は 「お茶」をあまり 飲みませんね。

 

  「ビタミン」が不足するとどうなるんですか?

 

「季節の変わり目」に街でよく見かける光景に、「独り言」を大きな声で言っている。歩きながら大声で歌を歌っている。

  時々見かけますね。

近所の人は「あー又あきおちゃんになっちゃった」悪さをし無いから多目に見ています。  10日もすれば、ケロッとして、元に戻って普通の人になっています。

 「猫」と同じビタミン不足ですね。

 

  だから、「青汁」が出て来たんですね。

「まずい、もう一杯」、でも、この頃は「おいしい青汁」ですね。

「まずい青汁」はケール(キャベツの青葉)、丸い葉です。

が今は、「おいしい青汁」(大麦若葉)です。 尖った葉です。

 

「笹の葉」も「大麦若葉」も「イネ科」の植物です。

  「大麦若葉の青汁」を飲んでいると、「気が狂う」ことが無い。

猫も「全身不随」になって、死んだりしない。

 「青汁」を飲んでいると、脳神経が狂わない。ダメにならない。

 

  「青汁」は、「自然な栄養素」がバランス良く含まれています。

特に、「神経」を健康に正常に保ち、働かせてくれます。

 

「稲の若葉の青汁」が一番です。

 

たくさん、たくさん、飲んでください。

 

 

「稲の若葉の青汁」が一番です。

  「笹の葉」も「大麦若葉の青汁」も「イネ科」です。

猫も、犬も、パンダまでも「笹の葉」を選んで食べます。

「青汁」を販売している大手、製薬会社も「大麦若葉」を選んでいます。

 

  「イネ科」の「若葉」を選んでいます。

 

「稲」は、秋に実を付け種になる「米」が主食です。

「米」を作る「稲の葉」は もっとスゴイ。

「稲の葉」は、「米」の実をつくる 製造工場です。

 

「青汁」を たくさん 飲んでください。

 

「稲の若葉」をたくさん食べてください。

 

「稲の葉」の 「レシピ」を「募集」してます。

 

  「稲の若葉」の「レシピ」

 「野菜炒め」のような 料理法は、なにが「ポイント」か ?

 「レバニラ炒め」のような 料理法は、なにが「ポイント」か ?

 「おひたし」のような 料理法は、なにが「ポイント」か ?

 「サラダ」のような 料理法は、なにが「ポイント」か ?

 「ネギぬた」のような 料理法は、なにが「ポイント」か ?

 「青汁の粉」の 料理法は、なにが「ポイント」か ?

 

「稲の若葉」が「にら」のように、なまで商品化されるとよいですね。

「稲の若葉」が色々な方法で、料理に使われるようになると良いですね。

 

 自分でがんばる(体温)

 

 「くせ毛」の多くが低体温症に悩んでいます。

人の身体は定温動物の特徴で、37℃ 必要です。

 

 でも、37℃の身体は少なく、35℃、34℃、33℃のお客様までいます。

「ヘビ」や「かえる」みたいですね。

 

 低体温症は、「ヘビ」や「かえる」なら冬眠してしまいます。正常に生活出来ない体温ですね。

 特に血液の働きが低下して、「髪」に栄養が届かなくなります。

「髪」が栄養失調を起こします

「髪」の栄養失調の症状は、

1.「むくみ」ます。
(毛根に栄養が行かなくなり、髪の細胞にも行かなくなり、髪の細胞が栄養失調で「むくみ」ます。)

 

2.「すきま」が出来ます。

(髪の毛の細胞が膨らむと、細胞と細胞の間に、すきま が出来ます。

その、隙間に老廃物が「たまり」「かたまり」ます。)

 

3.「カサカサ」します。

(髪の細胞が栄養失調で「むくみ」髪が膨らみ、髪の表面の

キューティクルが、開いて、髪組織の水分が無くなり、髪が荒れます。)

 

4.「枝毛・切れ毛」になります。

髪の細胞に栄養が行かなくなり、髪細胞がくっ付く力が無くなり、

細胞と細胞が離れて、裂けて枝毛になり、切れて落ちて行く。

 

 

 ☆☆ 腎臓と肝臓 ☆☆  (病気治療法)

生まれた時から弱い体質、虚弱体質、病気がち、風邪を引きやすい、などなど

テキスト ボックス:  マッサージに通われた方も多いようです。

整体に行っても、足裏健康マッサージに行ってもみんな言われる事が、

 多くの方が、「腎臓」が弱い、「肝臓」が弱い、と言われています。

 

「腎臓」

「腎臓」は背中に有ります。肋骨の下、

骨盤の上、背骨の両側に有ります。

 ウエストのオヘソの後ろあたりです。

 「腎臓の働き」

「腎臓」は血液の中の老廃物を膀胱に捨

てる処です。血液が身体中から集めて来

た老廃物を膀胱に捨てる処です。

テキスト ボックス:  そして、血液はキレイになって軽くな

って腸で栄養を積んで、身体中に栄養を届けます。

 だから、「腎臓」を健康に元気にしてください。

 

  「肝臓」

「肝臓」は前に有ります。肋骨の一番下

の骨の裏中から右側に渡って有ります。

 「肝臓の働き」

「肝臓」は「肝」、身体の幹(みき)中心

になる臓器です。

「肝腎要」(かんじんかなめ)と言うよう

に身体の一番重要な臓器ですね。

 だから、「肝臓」を健康に元気にしてく

ださい。

 

「肝臓」「腎臓」については、医師、薬剤師の分野です。

「髪」にとってとても重要な臓器ですが、医師、薬剤師に相談されると

良いでしょうが、医師では相談には乗ってくれません。

 「薬剤師」に相談をされると、身体全体の中の一臓器として、

特に皮膚と髪に必要な事を教えてくれます。

 治療方法も詳しく教えてくれます。

 

« 「毛根直毛化レシピ集」原稿 6. | トップページ | 「毛根直毛化レシピ集」原稿 4. »

毛根矯正2原稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「毛根直毛化レシピ集」原稿 5.:

« 「毛根直毛化レシピ集」原稿 6. | トップページ | 「毛根直毛化レシピ集」原稿 4. »