無料ブログはココログ

« 「毛根直毛化レシピ集」原稿 5. | トップページ | 「毛根直毛化レシピ集」原稿 3. »

2015年3月14日 (土)

「毛根直毛化レシピ集」原稿 4.

「毛根直毛化レシピ集」原稿 4. バレンタイン美容室

http://www2.ttcn.ne.jp/straight/index.html


自分でがんばる

二ッ谷薬局

 

TEL 055-962-2039

 

 お電話注文でも郵送してくれます。

Am9:00  Pm8:00  日曜定休

 

  二ッ谷薬局では、家族三人が薬剤師の免許を持っています。

特に大先生がとても詳しく丁寧に説明をして、教えてくれます。

 薬剤師本人が子供の頃から皮膚病で大病をしており、

自身の身体で色々なお薬の使用体験をしています。

 

  何より、講習会、研修会、研究会等に良く行きます。

そこで、製薬メーカーの方々から良く声をかけられるそうです。


 ここで、バレンタインからの情報が伝えられ、そして、


製薬メーカーからの最新情報が教えてもらえるそうです。


 「くせ毛」に対する「癖毛治療薬」としての製品化、商品化は、

薬事法が有る為ほとんど望めません。


 しかし薬品そのものの「くせ毛」に対する効果効能が解ってきます。

 

お勧め医薬品「レバコール」

「くせ毛が治る」ための「治癒力が有る身体」にしてくれます。

「レバコール」が治癒力が有る身体になる 基礎の健康な身体を

造ってくれる 土台の身体 にしてくれます。

 一日10ml~30ml服用。錠剤もあります。

 250ml、2本入りで¥3600。一ヶ月当たり¥2000~¥6000位で

すみます。即効性があり、安価です。

 30ml(1本飲み)10本入り¥3800もあります。

 250ml、4本入りで¥6800もあります。

 「飲んでいます。」ではなくて「効いています。」です。無駄な飲み方はヤメテください。

注意
「レバコール」は、直接直毛化するものではありません。

毛根直毛化できる身体にする。直毛化の土台を造る医薬品です。

 

一級の医薬品
「近所の薬局で売っていたから買って飲みました。」

良い結果を出したお客様は一人もいません。

医薬品の効果、効能、使用方法等、その医薬品特有の特徴を、

使用者の症状、状況に応じて説明して、治療をしていくものです。

 ただ「飲んでます。」では効果がでません。

 

「リベート」は一円もありません。

「なぜ?そんなに奨めるんですか?」

髪質が次回からとても良くなって来ます。

作業時間が半分になり、奇麗にまっすぐに縮毛矯正がかかります。

喜びの声が寄せられ、苦情が出なくなります。

「毛根直毛化」「くせ毛から直毛がはえ始める」目的でバレンタインを

選んでくれます。その土台を簡単に造る方法の一つです。

 

自分でがんばる(栄養)

「髪の栄養をしっかり取って下さい」

   医学・薬学では ありません。

  バレンタイン.Ⅰ美容室が、35年の研究の中から発見し、研究をして、

導き出し、開発をした 成果です。

 

「青汁」を たくさん 飲んでください。

 

お客様は、バレンタイン.Ⅰ美容室でのお話しを覚えていてくれた方が多く、

色々な報告をして来て、教えてくれます。

 

  「大麦若葉の青汁」の話が気になっていました。

先日、とても安く売っていたので、いっぱい買ってしまいました。

いっぱい買ったので、いっぱい飲みました。

  毎日いっぱい飲んでいたら、「髪」がツルツルして来たんです。

  毎日いっぱい飲んでいたら、「髪」がピカピカして来たんです。

 

  「大麦若葉の青汁」は、大量の「ビタミン」が含まれているので、

即効性が有るんですね。

  化粧品にも「ビタミン」は良く使われていますね。

即効性が有る「ビタミン」は、化粧品のような、「今すぐに」タイプの

お客様には「今すぐに効果が出て」喜ばれるからですね。

 

  「熊笹茶」

鳥取県、島根県では、「お茶・緑茶」の代わりに「熊笹茶」を飲んでいる

地方が有るそうです。

  この地方では「お茶・緑茶」を飲んでいる地方の何倍も、「熊笹茶」

地方のほうが病気にかかる人が少ないそうです。

 

 

バレンタイン.Ⅰ美容室でのお話し

  「2011年、今年の夏は、8月25日に秋になりました。」

 

  テレビの料理番組でも、料理の先生が「今年は8月25日から

秋になりましたね。」 と 言っていました。

  料理でも、専門の仕事をしていると、季節の変わり目が

料理・食材に出るんですね。 季節の変化が感じ取れるんですね。

 

  「髪の質」にも季節の変わり目「秋」は はっきりとでます。

夏の今までの「ボテッ」とした質感が無くなり、「夏バテ」の

「冷え切った」髪質が残っています。

  来るお客様、来るお客様、皆一様に「秋の髪」になっていました。

個人差は無く、一様にみんな「秋の髪」に変わっていました。

 

   「秋になると何なんですか?」

  今までは、「夏の暑さ」に耐える身体でしたが、「秋」からは

だんだん「寒く」なり始めます。

  「寒さに耐える」身体に変わっていきます。

「季節の変わり目」は、「身体の変わり目」です。

 

  「季節の変わり目」に、身体は「大量のビタミン」を消費しながら

「冬の身体」に 変わっていきます。

 

   もしも「大量のビタミン」が無かったら?

  猫の例で話します。

「季節の変わり目に笹の葉を食べなかった猫は死ぬ。」

ねこは、「笹の葉」からビタミンを取っています。

  「笹の葉」が無ければ「尖った葉」、丸い葉は絶対に食べません。

道の草をガジガジ食べて、ゲーゲー吐きます。

葉の中の汁を吸って、繊維を吐いています。

 

« 「毛根直毛化レシピ集」原稿 5. | トップページ | 「毛根直毛化レシピ集」原稿 3. »

毛根矯正1原稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「毛根直毛化レシピ集」原稿 4.:

« 「毛根直毛化レシピ集」原稿 5. | トップページ | 「毛根直毛化レシピ集」原稿 3. »